/* アドセンスコード */

【パパでも作れる離乳食】鶏肉と玉ねぎのリゾットを改良!

パパの育児

10ヶ月のノットちゃんが大好きな「鶏肉と玉ねぎのリゾット」を作っているときでした。

鶏肉を親の仇のごとく細かく刻んていると後ろから妻が一言。

ひき肉を使ったほうが楽なんじゃない?

そ、それな!

ノットちゃん

あうー!


なんでそんな簡単なことに気づかなかったんだろう笑

ということで、前回のレシピから少し改良しました。

基本は同じなので下の記事を参考にして下さいねー^^

前回のレシピはこちら!

今回は分かりやすくするために、写真も撮っておいたのでぜひ作ってみて下さい!

↓忘れていませんか?今のうちにチェック!

「鶏肉と玉ねぎのリゾット」の材料

ノットちゃんの5~6食分くらいです。

  • たまねぎ(中)・・・1/4個
  • 鶏ひき肉(胸orもも肉)・・・150gくらい
  • お米・・・1合

リゾットなので生米から作ります。

※最終的にはおかゆになるので、炊いたご飯でもOK

玉ねぎをみじん切りして炒める

まずは玉ねぎのみじん切り!

丸飲みできるくらいの大きさまで、しっかりみじん切りしましょう。

玉ねぎのみじん切り

次は少量のオリーブオイルで炒めます。

サラダ油でも大丈夫です。

強火だとすぐに焦げるので、中弱火でじっくり、ゆっくり。

玉ねぎが透明になって甘くなるまで炒めましょう!

玉ねぎが甘くなるまで炒めます

次に鶏ひき肉を入れて、しっかり炒めます。

木べらなどでゴリゴリ潰しながら、細かくしていきましょう!

鶏ひき肉を入れてしっかり炒めます

この写真は倍量の鶏ひき肉を炒めたので、半分は冷凍保存しておきます。

次回に作るときはここまでの作業を時短できるので、忙しい人は多めに作っておくといいですよー!

半分は冷凍保存しておけば、次回の工程が楽になります。
半分は冷凍しておけば次回が楽ちん!

そして生米をお鍋に入れて、じっくりコトコト煮込みます。

僕はいつも鶏むね肉のボイルを作るので、そのゆで汁を使って煮込みます。

もちろん普通の水でもいいですよ!

生米を入れてじっくりコトコト煮込みましょう
生米を入れてコトコト煮込む。

ちなみに隣のコンロには鶏むね肉をボイルしたお鍋があります。

そこからゆで汁を足していってるんです^^

鶏むね肉をボイルしたお鍋が隣のコンロにあります。
これはパパのご飯です

あとはお好みの固さまで煮込めばOK!

大体20分くらいでいい感じの固さになります。

赤ちゃんが食べやすいようにおかゆくらいの固さを目指して下さい。

塩は入れなくてもいいですが、僕はひとつまみくらい入れてます。

大人が食べると薄すぎるくらいがちょうどいいです。

完成したら一食分の小さなタッパーに小分けして冷凍しておけばいいですよ!

5食分の鶏肉と玉ねぎの離乳食リゾット
入りきらなかった分は、パパが食べました笑

お米の固さをアルデンテにして、塩と粉チーズを入れれば本格的なリゾットになります。

今回は少し多めに作ったので、タッパーに入りきらなかった分は僕が食べました。

アレンジは自由自在

味を変えたいならいくらでもアレンジできますよ^^

トマト入れてもいいし、ほうれん草入れてもいいし、牛肉で作ってもいいし。

牛乳を少し入れたらクリームリゾット風になります。


基本的な作り方は同じです。

慣れれば簡単なので、ぜひ離乳食リゾットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんの好みがわからないときは、市販の離乳食を参考にするといいですよ!

お米や野菜の大きさ、固さ、味がすぐに分かります。


ノットちゃんが大好きなメーカーは、

wakoDo(和光堂)」の離乳食です。

いつも参考にしてるので、試してみてください^^

おすすめ情報を忘れていませんか?↓